多くの魅力がある理学療法士の仕事

理学療法士の魅力とは

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

人と関わりながら成長を実感できる

理学療法士として働いていくと、仕事の中で様々な人との関わりをもつことになります。患者やそのご家族、他の医療スタッフ、地域のケアマネージャーなど多種多様な関わりがある中で、自分のペースだけで仕事を進めていくことはできません。患者を第一に考え、そのうえで他のスタッフと連携を取りながら効率的に業務を行っていく必要があります。はじめのうちは大変に思える部分ですが、面倒くさがらずにしっかり取り組むことによってお互いの信頼関係を築き上げていくことができます。特に医療職は連携が重要になってきますので、変化する患者の状態を見逃すことなく、常に新しい情報を受信する姿勢が重要となります。
この連携がうまくいくと、結果として患者の回復を早めることができ、仕事にも満足感が生まれてきます。チームとしての達成感を得ることができ、より良い環境づくりに向けた取り組みを進めていくことができます。不安なことがあっても先輩や他のスタッフに相談し、早期の解決につなげることができます。こういった経験を積んでいくことで、個人としての成長も実感できるようになるのです。

喜びの大きさ

リハビリというのは、すぐに結果が出るものではありません。ある程度の期間を設けて徐々に身体機能を回復していく必要があります。中には数年単位でリハビリを行っていくケースもあります。このように長期間患者と向き合うことになるため、患者の思いやご家族の思いをしっかり受け止めながら仕事をしていかなければなりません。そうすることで小さな変化でも汲み取れるようになり、多くの発見を得ながらリハビリをサポートしていくことができます。以前はできなかったことができるようになるというのは、患者にとっては大きな喜びとなります。それをサポートし、目の前で回復していく様子を見ながら、ともに喜びを実感できるのは、理学療法士として大きなやりがいとなります。

安定した仕事である

高齢化に伴い理学療法士の需要は高まってきています。そのため、理学療法士の国家資格を取ってしまえば就職や転職に困ることはありません。医療職は景気に左右されることもないため、給料も安定しています。安定した収入が得られるというのは生活をしていくうえで大きなメリットとなります。また、何かの事情で仕事を辞めてしまっても、先述の通り需要が高いためスムーズに復職先を見つけることができるでしょう。
このように、理学療法士は長く安定して働き続けることが可能で、多くのやりがいがつまった仕事と言えます。

看護師と理学療法士について知りたい方へ

  • 活躍するために必要な心構え
    活躍するために必要な心構え

    看護師や理学療法士として必要な心構えとはいったいどのようなものでしょうか。看護師、理学療法士それぞれで意識するべきポイントを紹介していきます。心構えを知り、医療業界で活躍していきましょう。

    詳しく見る
  • 働きながらでも目指せる看護師
    働きながらでも目指せる看護師

    看護師の資格は学生のうちに取っておかなければならないと思っている人も多いようですが、実は社会人になってからでも取得することが可能です。とはいえ、簡単な道ではありませんので、どういったルートがあるのかを事前に把握しておく必要があります。

    詳しく見る
  • 身体機能の回復を援助する理学療法士
    身体機能の回復を援助する理学療法士

    理学療法士は、リハビリを行って低下した患者の身体機能を回復させるのが仕事です。医療チームと連携しながら、最適なリハビリを提供していく必要があります。また、勤務先は病院に限らず、老人ホームなど活躍の場は様々です。

    詳しく見る

新着記事

看護師VS理学療法士