メリットがたくさんある看護師の仕事

看護師として働くメリット

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

安定した収入

看護師として働くメリットとしてまず挙げられるのは、給料が安定しているという点でしょう。他の職種と比べても、看護師の給料は安定しているというデータがあります。ほとんどの職場で給料が下がるということはなく、長く勤めることでほぼ確実に昇給が見込めすうえに、賞与もしっかりもらえます。また、夜勤手当などの各種手当も充実しているため、努力した分がちゃんと給料に反映されます。
また、病院をはじめとした医療機関は全国各地にあるため、家族の転勤などを理由に今住んでいる地域を離れたとしても、またすぐに別の職場が見つかります。看護師はどこも人手不足の状況ですので、就職先に困ることはないでしょう。そのため、例え急な状況の変化があっても、安定的に収入を得られるという安心感があります。

都合に合わせて働ける

看護師は女性の多い職業です。そのため、出産や子育てとの両立が必要になってきますが、雇用形態にこだわらなければパートタイムやアルバイトで働くことができるため、限られた時間でも仕事を続けることができます。せっかく取得した看護師免許を無駄にすることなく、看護師の仕事を無理なく続けられるというのは大きなメリットと言えるでしょう。
また、常勤での働き方にこだわりたいといった場合、病棟勤務だと夜勤のあるシフト制で働かなければなりませんが、クリニックや介護施設で働くことによって夜勤や残業を避けることができます。プライベートを重視したい、親の介護が必要、家庭との両立など、様々な事情があっても、働く場所をしっかり選べば自分の希望に合う働き方が可能になります。

転職や復職のしやすさ

上述でも少し触れたように、看護師は人手不足のため需要が高い職業です。医療は年々進化しており、それに伴い病院の数も増え、専門的な治療設備を持つクリニックも増えています。そのため求人は多く、転職先の選択肢は豊富にある状況です。また、高齢化に伴い介護施設も増えてきていますので、介護施設の看護師求人も多く存在します。そのため、転職先に困るということはないでしょう。
そして、一旦現場を離れた後でも復職しやすいというメリットがあります。看護師免許は持っているものの、現在看護師として働いていない潜在看護師は多く存在しますが、どこの医療機関も人手不足な状況のため、このような潜在看護師に対する復帰支援も最近では充実してきました。ブランクのある看護師に対して、本格的に復帰する前に研修期間を設けるなど、復職しやすい環境が整っています。結婚や出産など、一時的にどうしても仕事から離れなければならない状況になっても、不安なく復職ができるというのは大きなメリットです。

看護師と理学療法士について知りたい方へ

  • 活躍するために必要な心構え
    活躍するために必要な心構え

    看護師や理学療法士として必要な心構えとはいったいどのようなものでしょうか。看護師、理学療法士それぞれで意識するべきポイントを紹介していきます。心構えを知り、医療業界で活躍していきましょう。

    詳しく見る
  • 働きながらでも目指せる看護師
    働きながらでも目指せる看護師

    看護師の資格は学生のうちに取っておかなければならないと思っている人も多いようですが、実は社会人になってからでも取得することが可能です。とはいえ、簡単な道ではありませんので、どういったルートがあるのかを事前に把握しておく必要があります。

    詳しく見る
  • 身体機能の回復を援助する理学療法士
    身体機能の回復を援助する理学療法士

    理学療法士は、リハビリを行って低下した患者の身体機能を回復させるのが仕事です。医療チームと連携しながら、最適なリハビリを提供していく必要があります。また、勤務先は病院に限らず、老人ホームなど活躍の場は様々です。

    詳しく見る

新着記事

看護師VS理学療法士